おつまみと酒の肴のちがい

先日テレビを見ていたら、お酒を飲むとき、おつまみと言ったり、酒の肴と言ったりします。その違いについて放送していました。みなさんは、何が違うと思いますか?

番組で解説されたのは、日本国語大辞典の元編集長 神永暁さん。

先に使われた言葉は「酒の肴」で、奈良時代には使われていたそうです。当時は、大豆や魚を麹と食塩によって発酵させた醤、塩、貝の干物、塩辛、果物、くるみや栗などの木の実、などを酒の肴と言っていたそうで、酒を飲みながら食べるものすべてが酒の肴とされていました。

一方、おつまみは、平安時代から室町時代に言われ始めたと思われており、当時、酒のおつまみに食べられていたのが、先ほどの食べ物にさらに、煮物、蒸し物、焼き物が追加されました。

そして、当時は、塩、果物、貝の干物、木の実など、調理しない手で食べれるものをおつまみと言っていて、肴と区別していたそうです。

魚には食べても味がわからない部位がある

お酒のおつまみに魚料理をよく食べる方も多いかとおもいますが、新鮮な魚の刺身や煮つけは魚の素材の味が良く引き出されていて本当に美味しいです。

ところが、魚には食べても味のわからない部位があって、そこを食べてもどの種類の魚を食べているのか分からないそうです。

これは、林修の初耳学で、東京海洋大学 農学博士 白井隆明さんが話されていたんですが、白井さんの話によると、

人間が新鮮なお刺身を食べて「魚が美味しい。」と感じる決め手になるのは、魚の脂のノリとイノシン酸と言ううま味成分なんだそうです。

魚の種類によって、脂の量やイニシン酸の成分量は違うので、食べた魚がなんという種類の魚かがわかるそうです。

ですが、その反面、脂の少ない部位を食べると脂のやイニシン酸が少ないので、魚の判別がとても難しくなるそうです。

魚の筋肉にある遊離アミノ酸の味は種類の違う魚でも誤差程度の違いしかありません。つまり、全ての魚の味はほとんど一緒なんだそうです。

健康診断が怖くなる年齢

新しい年になる1月には毎年ガン検診を行っています。

何歳くらいからなんだろう・・・検査が嫌になってきたのは、

これは、若い頃にはなかった感情です。

検査が行われる、1週間くらい前から食べるものやアルコールを控えて検査を行い。

検査結果がくるまで心配で気になってしまいます。

今年、ついにその恐ろしいことが起きました。

私は大腸ガンの検査で再検査いなってしまったのです。

再検査の結果はガンはなく大丈夫でしたが、その期間は本当に人生について考えました。

だからこんな事があっても人間て勉強なんだなと・・・。

昨日、同じ位の年齢のお客さんが偶然あつまり、話す話題は体の事ばかりで、

私のガン検査の話とあとは、親の話になりました。

両親揃って元気に暮らしているうちは、安心だが、母親が亡くなってしまっている人もいて

父親の食事の事を心配している人もいました。

そしたら、現在一人暮らししているお客さんもいて、毎日の食事の栄養バランスが気になるなら食事宅配を利用すると良いよ。

そこで、私も自分の食事を作るのがとても嫌で、出来るなら作りたくない。

どんなサービスなのか調べてみたんです。

一人暮らしの食事の宅配!利用者の声とおすすめサービス をみると、栄養管理士が献立を考えて冷凍で届けられるのでいつでもレンジでチンして食べられるのです。

これって、便利ですよね。

これからは一人暮らしになる人が増えるので、スーパーなどもそれに適応した食品づくりしていかないとですよね。

しかし、私たちも、あっと言う間にそんな年齢になったのだと実感しました。

卵焼きに衣をつけて揚げたら出来た不思議な卵焼きカツ

今回のおつまみは【卵焼き】と【カツ】のコラボレーションです。

実は、このレシピは、テレビで知ったメニューですが、まさかほんとにやってみることになるとは。。。

お休みの日の夕食時にトンカツを作っていた時です。4人の友人が訪ねてきました。

久しぶりということもあり、ビールでも飲もうと!

しかし、つまみがありません。

ちょうど、トンカツを作っていたので、揚げ物を作ろうとなり、冷蔵庫にあった、ハムやちくわを挙げていました。

すると、もう揚げる物がなくなりました。

冷蔵庫を見るとコンビニで買った厚焼き玉子のパックがあるではありませんか!

そのまま食べればいいのに、「そういえば・・・テレビで見たな・・・よし!これに衣をつけて揚げちゃえ!」

友人は「え~卵焼きをカツにするの?」と、ビックリしていましたが、

揚げてしまいました。

ところが、トンカツ、ハムカツ、ちくわカツ、ジャガイモカツに混ざって登場した卵焼きカツが絶賛されたのです!

これメチャメチャ美味いですね。

外がサクサクで、中がふわっと!初めて食べました。と評価されたのです。

この卵焼きカツは進化をしています。

厚焼き玉子の中に、チーズを入れたり、キムチを入れたり

色々な卵焼きバージョンを作って、それをカツにして揚げるのです。

時には、揚げた卵焼きカツをバンズにはさんでハンバーみたいにしたり

サンドイッチにして、卵焼きカツサンドも出来上がりました。

キャベツの千切りと中脳ソースが、パンの食感とバッチリあいます。

これお勧めなので、ぜひ試してみてください。

詳しいレシピは、ありません。トンカツの豚肉を卵焼きに変えるだけ!

簡単でしょ?

お酒を飲み過ぎて記憶がないのは認知症の疑似体験

お酒を飲み過ぎて、翌朝記憶がないことが多くなった近年。

この状態は、認知症になったときと似た仕組みなんだそうです。

認知症は、脳にある海馬の機能が低下してなってしまう病気で

お酒をのアルコールも海馬の働きを麻痺させてしまっているそうです。

ですので、翌朝起きて前日のお酒の席でのことが思い出せないのは認知症の疑似体験ともいえるのだとか。

さて、その認知症ですが、ならないようにするには新しいことを始めるといいそうです!

新しい事を始めると、今まで使っていない神経細胞が活性化するのだとか。

例えば、カラオケが認知症予防に良いのは良く言われていますが、振りつけをしてみたり、これまでは違うことをするとさらにいいそうです。

その他にも、新聞などは声を出して読んだりして、その後ノートに書きとめる。

また、5分ゆっくり歩いて、次の5分は早歩きするインターバル速歩をすると良いそうです。

認知症の疑いのある初期の症状では

段取りを考えて実行する機能が低下するので、家の片づけなど整理整頓ができなくなくなったり

調味料を入れるのを忘れたり、また入れたこと自体を忘れてしまい味がかわったり

連続ドラマを見なくる。これはストーリーが記憶できずに内容が分からないので見なくなる

行動力や意欲が低下するので、おしゃれしたり、外出するのが億劫になる

また、空間認知能力が低下するので車の車庫入れが苦手になってしまうなどの症状が現われるそうです。

兼高かおるさん死去

旅行ジャーナリストで日本旅行作家協会名誉会長である兼高かおるさんが心不全のため亡くなってしまいました。90歳だったそうです。

TBS系列で1959年から1990年まで放送していた「兼高かおるの世界の旅」と言う番組は、まだ日本では海外旅行が一般的ではない時代に放送していたテレビ番組。

幼いわたしも含めて家族全員が毎週テレビの前に座り、世界各国の風景や生活を見ることはとても新鮮で魅せられました。

いつか、私の海外にいくこともあるのかな・・・、その当時は海外旅行は高価で、今のように当たり前のように海外に旅行が出来るなんて想像もつきませんでした。

兼高さんは、31年間で約150か国を訪れたそうで、距離にすると地球を180周もしたことになるんだそうです。すごいですね。

1971年には日本での一般女性で初めて南極点に到達した事はニュースになりました。

兼高さんは生前「日本だけにいたんではつまらないでしょう。人はいろいろ見た方が良い。外国を知って日本を知る。日本を知って外国を知る。そういう両方を知っていくのが国際化なんです。」と話していました。

この番組の登場から、日本でも海外旅行に出かける人が増えてのではないでしょうか。

兼高かおるさんは、結婚することがわからないと言っており、生涯独身を貫いたそうです。ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

食宅便の弁当って意外と美味しいと評判になっています。

酒場にはいろんな人が来るけど・・・年寄りは健康の話が多いんですよ。

お酒はガンガン飲むのに、みんな高血圧や糖尿病を患っていて食事には気をつけているそうです。

特に油っぽいものや塩分が濃いものは控えているそうです。

お酒は普通に飲んでいるのですが大丈夫なんでしょうか?

そうそう、そんな話の中でよく出てくる話題が食宅便のお弁当です。

テレビのCMで見かけるので、みんな知ってはいるんですけど

実際に食べた人がいて絶賛しています。

その人は、奥さんをなくして一人暮らしなんですが、一時体調を崩して入院していました。

糖尿病で凄い肥満だったのに入院生活で痩せたので、きっとガンかもね?と心配していました。

ところが最近、ちょくちょく飲みに来るので体調を聞くと凄く良くなったというのです。

食生活を改善してるので体調が良いから、たまに飲みたくなるそうです。

でも糖尿病で死にそうになっているので、食事だけは徹底しているそうです。

朝から夜まで食宅便を食べているといいます。

その理由を聞くと食事制限をしなければならないというものです。

そして、もう一つの理由が美味しいからだそうです。

病院で食べた食事制限の食事は本当に不味かったそうです。

同じ食事制限の食事でも食宅便の美味しさは天と地ほどの差があるそうです。

【ゲンキの時間】二日酔いを予防するお酒の飲み方

12月になると忘年会、1月には新年会とお酒の席が多くなります。肝臓が疲れてしまいますよね。そこで、TV『ゲンキの時間』で放送されていた肝臓を労わり二日酔いにならない医師たちが行っているオススメのお酒の飲み方を放送していました。お酒が弱い人は参考にしてくださいね。

1杯目の一杯は生ビールがおすすめ!
お酒を飲むとアルコールが胃と腸で吸収され肝臓で分解され全身に運ばれます。ですが、急激にお酒を飲んでアルコール量が増えてしむと、許容量を超えてしまい肝臓で分解しきれなくて酔ってしまいます。

1杯目のお酒かrアルコール濃度の高いお酒を飲むと肝臓や血圧などカラダに負担がかかってしまいます。ですので、1杯目はなるべくアルコールが低い生ビールなどを選ぶのは賢い飲みかたなんだそうです。その他に、サワーやハイボールもアルコール度数が5~8%と低いのでオススメなんだとか。

さらに、最近のネズミを使った研究では、ビールの原材料になるホップの苦み成分『イソα酸』が認知症予防に役立つというデータがあるそうです。

おつまみ選びのポイント!
最初は、サラダをチョイス!野菜が豊富なサラダには食物繊維が入っていてアルコールを長く胃の中で留めてくれるのでアルコールの吸収が穏やかになり悪酔いを防いでくれます。

サラダを選ぶときは、生野菜がタップリなカロリーの低い物を選びましょう。医師がすすめる野菜は、ブロッコリースプラウト。抗酸化作用で肝臓の防御機能を高めるそうです。

また、海藻類も食物繊維が豊富なのでもずく酢とか海苔、ワカメなどは手軽に摂れるのでいそうです。

次にオススメのおつまみはマグロの刺身になります。最近良く聞く事が多くなったEPAやDHAが含まれているので中性脂肪を分解したり、脳やか肝臓の機能を活性化させる働きに期待できるそうです。

また、お刺身ならもう一品タコがオススメなんだそうです。理由はタウリンが豊富だからです。タウリンはアミン酸の一種で肝臓を守る胆汁を出しやすくする働きがあり肝臓を保護してくれます。マグロと一緒にとるといいそうです。

お酒を飲む前には「ウルソ」を飲んでいる
ウルソとは、ウルソデオキシコール酸と言い、クマの胆のうから発見された胆汁酸。胆汁酸を出しやすくして肝臓の機能を高めると言う報告があり、実際に医療の現場で肝臓の悪い患者さんに処方していた薬なんだそうです。

それが、現在は、錠剤や飲料として市販されているそうです。容器の成分表の所にウルソデオキシコール酸と記載されているので店頭で探し目見ましょう。

揚げ物のおつまみも食べ過ぎなければOK!
揚げ物は、油の消化に時間がかかり胃に長く滞在するのでアルコールの吸収を抑えるそうです。ですが、カロリーが高いので食べ過ぎないこと。

揚げ物が苦手な人は、オリーブオイルを使ったマグロのカルパッチョを食べると相乗効果の期待が出来るそうです。

豆腐のおつまみがおすすめ
豆腐には20種類のアミノ酸が豊富に含まれています。良質なたんぱく質で肝臓機能をサポートしてくれるそうです。

飲んでる途中に水やノンアルコールビールを飲む
アルコールは利尿作用があるので、飲んだ分以上に水分が出てしまいその結果からだが脱水症状になります。お酒の途中に水とかノンアルコールビールを飲みましょう。ノンアルコールビールならお酒を飲んだ気分で脱水や二日酔いを防げます。

水の飲む量は、お酒を飲んだ量より少し多めの量を飲むといいそうです。これは二日酔いにならないとても重要なポイントなんだそうです。

最後のしめのご飯は避ける
ご飯は糖質が多いので最後に食べると肥満の原因になります、なるべく食べないようにしましょう。どうしても食べたい時はお蕎麦にしましょう。お蕎麦にはポリフェノールのルチンが入っていて肝臓機能を助けてくれるそうです。

二日酔いになった時の対処方法
まず、脱水になっているので水分補給をしましょう。水分を補給することでアルコールの代謝が促進されます。また、柿、イチゴ、キウイなどの果物食べてビタミンCを摂りましょう。アルコールの分解を助けて肝臓機能を回復する働きがあります。

以上になります。※紹介した内容は、この飲み方でなければならないというわけではありません。

【サタデープラス】幸せの黄色いあんかけ焼きそばの作り方

お酒のお供にTV番組『サタデープラス』のウド鈴木のコーナー鎖国メシで紹介された。小樽『龍鳳』の幸せの黄色いあんかけ焼きそばの作り方を紹介します。

【材料:1人前】
焼きそば麺・・300g
スープ(だしは煮干し、鶏がら、昆布、鰹)・・600cc
塩・・小さじ1
砂糖・・大さじ1
うま味調味料・・適量
茹でカボチャ・・100g
ベニバナ・・ふたつまみ
レンコン・・80g
金時豆・・10g
大むきエビ・・4尾
鶏肉・・50g
生クリーム・・100cc
水溶き片栗粉(水1:片栗粉1)・・110cc

【作り方】

  1. 麺は焦げ目がつくまでカリカリに焼きます。
  2. 次に魚介類で作ったスープを鍋に入れます。※中華スープでもOKです。塩、砂糖、うま味調味料で味を調えます。
  3. そこに、かぼちゃを入れて軽くつぶします。
  4. ベニバナを入れるとさらに鮮やかな黄色になります。
  5. レンコン、金時豆、素揚げしたえび、鶏肉を入れて火を通します。
  6. 具材に火が通ったら火を止めて生クリームを入れます。※沸騰しているときに生クリーム入れると分離してしまいます。
  7. 水溶き片栗粉を入れてとろみをつけます。
  8. 焼きそば麺に餡をかけて完成です。

「酒は百薬の長」は本当なのか?

何かとカラダのトラブルの原因にされてしまうお酒。お酒が好きな人にとっては「わかっちゃいるけどやめられない♪」と言ったところ。私のその一人です。

ですが、良く ”酒は百薬の長” とか聞きますよね。これはウソなのか?

それについて、著書『ガンにならないのはどっち?』を書いた内科医 秋津壽男先生が、TV番組で話していたんですが、”酒は百薬の長” の話は、1合の半分位の量を毎日飲むと血流を良くして代謝を高めるのでカラダに良いと考えられているようです。

しかしそれ以上飲んでしまうと・・・
・毎日2合以上飲む人は ⇒ 2.1倍
・毎日1~2合飲む人は ⇒ 1.4倍
・月に1~3回飲む人は ⇒ 0.8倍 (適量飲む場合。しっかり飲む人は逆にリスクが高くなる。)
※日本酒1合(180ml)はビール大瓶1本、ワイングラス(240ml)です。

飲まない人に比べてこれだけ大腸がんの発生率が高くなってしまうんだそうです。日ごろ酔っ払うまで飲んでしまう人は飲みすぎには注意しましょう。

ですが、なぜ、お酒で大腸ガンのリスクが高くなるんでしょう?

お酒が原因のガンと言うと、食道がんや肝臓ガンをイメージしている人も多いかと思いますが、実は、お酒のアルコールは腸まで届き、アセトアルデヒドと言う悪玉物質を作ってしまうのだとか。

そのアセトアルデヒドが大腸の粘膜を傷つけてしまい大腸がんを発症するリスクを高めてしまうのです。

予防に役立つ食べ物

問題のガンを発症させてしまう物質のアセトアルデヒドの分解を助ける食べ物を食べることがガン予防につながります。

そこで、秋津先生がおススメの食べ物が”卵 ”です。

卵に含まれいるLシステインがアセトアルデヒドを分解してくれるそうです。二日酔い予防にも高い効果が期待できそうなので、お酒のおつまみには卵を使った料理を選んでみてはいかがでしょうか。