何となくブルゾンちえみが、24時間テレビマラソンランナーに

選ばれるんじゃないかと予想はしていました。

理由としては、今回は、練習期間が短いので元々体力があり、

ある程度走れるだけのポテンシャルを持った人ではないと、

100キロ近い距離は走りきれないと思っていたからです。

ブルゾンちえみが選ばれた今年の24時間テレビマラソンランナーは、

番組当日に発表されることになっていましたが、

これは、指導する坂本トレーナーの意向があったみたいです。

どうやら70歳になる坂本トレーナーにとって、

体力的に伴走できるのは今年が最後だと考えていたとか。

そう言えば、ここ数年坂本トレーナーは伴走していませんでしたからね。

最後になるかもしれないから、最後は変わった形でやりたかったそうで、

ランナー候補の練習に付き添って全員の能力を確かめた上で、

最終的に当日発表することになったみたいです。

ブルゾンちえみは、高校・大学の時に陸上部の長距離選手で、

毎日マラソン選手並の練習をしていたと聞いたことがあります。

確かハーフマラソンも完走したことがるみたいですね。

練習に付き添った坂本トレーナーも大絶賛しており、

マラソンを走りきれるポテンシャルはもちろん、

メンタル面も相当な強さを持っているとおっしゃっていました。

つまり、ブルゾンちえみには、元々24時間テレビマラソンランナーに

選ばれても何の不安もないぐらいの走力と体力があったと言えます。

ただ、学生時代からしばらく長距離は走っていないだろうし、

体重も学生時代よりかなり増えていると思われます。

いくら経験があるとは言え、どうなんだろうと心配でしたが、

いざ走ってみると素晴らしい走りを続けています。

ブルゾンちえみの何がスゴイかって、

ほとんど歩くことなく走り続けているところです。

過去の24時間テレビマラソンランナーを振り返ってみると、

途中で歩いていることが結構あるんですよね。

その点、ブルゾンちえみはほとんど走っているので、

そんなに放送時間を気にすることなく走れていると思います。

やっぱり学生時代に培った長距離のポテンシャルは伊達じゃないですね。

ブルゾンちえみは、24時間テレビマラソンランナーに、

選ばれるべくして選ばれたと言っても過言ではないでしょう。