ウソをついた代償は大きかったということでしょうか。

不倫をしていないと会見で答えていた女優の斉藤由貴が、

不倫を認めたことで来年放送されるの大河ドラマ「西郷どん」を

自ら辞退して降板することが決定したみたいですね。

他にも、出演中の2社のCMに関しても、契約更新を辞退したとか。

イメージをとても大事にするCMの場合は、降板でも仕方がありませんが、

ドラマに関しては、降板しなくても良かったんじゃないかと思います。

まさか斉藤由貴が、来年の大河ドラマ「西郷どん」まで、

自ら辞退して降板するなんて思いませんでしたね。

でも、よくよく考えたら、「西郷どん」には、

同じく不倫をしたことが発覚した渡辺謙も出演しています。

ここで、あれっ?と疑問に思ったんですが、

同じ不倫をした渡辺謙は、なぜ「西郷どん」を降板にならないのか。

それは、斉藤由貴が会見でウソをついてしまったからなんです。

渡辺謙は、全てを洗いざらい包み隠さずに話したことで、

大河ドラマ「西郷どん」の降板は免れたみたいです。

逆に、斉藤由貴は、会見で不倫ではないとウソをついたことで、

一気に評判を落としてしまった感じになりましたね。

何となくウソをついているなとは思いましたが、

最初の会見の時に、正直に本当のことを何もかも話していれば、

ここまで大変なことにはなっていなかったでしょう。

NHK側も、降板までは考えていなかっとか。

個人的には、ドラマの出演は良いんじゃないかと思いますが、

もう撮影が始まっている大河ドラマ「西郷どん」辞退したことで、

NHK側にも、大迷惑をかけてしかった形になっちゃいましたね。

そう言えば、ゲスの極み乙女の川谷絵音とベッキーの不倫騒動でも、

ベッキーが平気でウソをついてしまったことで、

番組やCMを降板することになっちゃいましたよね。

不倫したのにしてないとウソをついてしまった斉藤由貴さんは、

今後、イメージが回復するまで仕事の量が激減するでしょう。

せっかく大河ドラマ「西郷どん」の出演が決まっていたのに、

こんな形で降板することになるとは残念でなりません。