「ママさんの独り言」カテゴリーアーカイブ

お酒が太りやすいと言われるのはなぜ?

お酒が大好きな人にとって、「ダイエット中にお酒を飲むのはどうなんだろう・・・?」と、気になるとこです。

お酒というとカラダにはあまり良い評判を聞きませんよね。健康診断などで悪い数値が出ると必ず指摘されるのが「お酒」です。

お酒が悪者のように健康や美容に良くないだけではなく、太る原因とも言われており、お酒好きの人にとっては全く合点がいきません。

仕事や人間関係など日常で抱えるストレス解消のためにお酒を飲んでいるそんな方も多いのではないでしょうか。

お酒を我慢してストレスを抱えたままと、お酒を飲んでストレスを解消するのと、一体どちらがカラダに悪い影響を及ぼすと言うのだろう?

そこで、酒好きな私としてはお酒と上手に付き合う方法はないのか調べてみました。

まずは、アルコールが太ってしまうと言われるのはなぜなのか。

なんと!アルコールが体脂肪になることはほとんど無い・・・という説があるんです。

説明すると、アルコールを分解している臓器は肝臓になります。その肝臓はアルコールの分解だけではなく、そのほかのにもたくさんの役割をしています。その中の一つに脂肪の分解もあります。

肝臓には分解する優先順位があり、お酒はカラダには有害なので最優先で分解されるそうです。その後に脂肪などが分解されていきます。そのためお酒が体脂肪になることはほとんど無いそうです。

ただし、お酒の種類によります。米、麦、ぶどうなどを発酵させてつくるビール、日本酒、ワインなどは醸造酒と言い、糖質やたんぱく質が含まれていてカロリーが高いので太りやすいお酒と言われているそうです。

ですが、焼酎、ウイスキー、ブランディなどの蒸留酒は、アルコール以外エネルギーとなるものが含まれていないので太りにくいお酒の分類になります。

では、お酒を飲むと太ると言われるのはどうしてなのでしょうか。

それはお酒を飲むときのおつまみの食べ方です。

アルコールを飲むと満腹中枢を抑える作用があります。そのため、お酒を飲む時のおつまみをたくさん食べてしまう傾向になります。

ですので、太らないようにお酒と上手に付き合うにはおつまみに、揚げ物、お肉など高カロリーの食べ物は極力控えるといいそうです。

お酒と上手に付き合うポイント!

  • お酒は毎日飲まないで禁酒日を週に3日はもちましょう。
  • 一緒に食べるおつまみは、カロリーの低い野菜や豆腐などを選んで食べるようにしましょう。
  • お酒を飲むときは、お酒と同じ量のお水を飲みましょう。実は、二日酔いは脱水症状による水分不足が原因。二日酔いを未然に防ぐためにも水分を摂るようにしましょう。

魚には食べても味がわからない部位がある

お酒のおつまみに魚料理をよく食べる方も多いかとおもいますが、新鮮な魚の刺身や煮つけは魚の素材の味が良く引き出されていて本当に美味しいです。

ところが、魚には食べても味のわからない部位があって、そこを食べてもどの種類の魚を食べているのか分からないそうです。

これは、林修の初耳学で、東京海洋大学 農学博士 白井隆明さんが話されていたんですが、白井さんの話によると、

人間が新鮮なお刺身を食べて「魚が美味しい。」と感じる決め手になるのは、魚の脂のノリとイノシン酸と言ううま味成分なんだそうです。

魚の種類によって、脂の量やイニシン酸の成分量は違うので、食べた魚がなんという種類の魚かがわかるそうです。

ですが、その反面、脂の少ない部位を食べると脂のやイニシン酸が少ないので、魚の判別がとても難しくなるそうです。

魚の筋肉にある遊離アミノ酸の味は種類の違う魚でも誤差程度の違いしかありません。つまり、全ての魚の味はほとんど一緒なんだそうです。

健康診断が怖くなる年齢

新しい年になる1月には毎年ガン検診を行っています。

何歳くらいからなんだろう・・・検査が嫌になってきたのは、

これは、若い頃にはなかった感情です。

検査が行われる、1週間くらい前から食べるものやアルコールを控えて検査を行い。

検査結果がくるまで心配で気になってしまいます。

今年、ついにその恐ろしいことが起きました。

私は大腸ガンの検査で再検査いなってしまったのです。

再検査の結果はガンはなく大丈夫でしたが、その期間は本当に人生について考えました。

だからこんな事があっても人間て勉強なんだなと・・・。

昨日、同じ位の年齢のお客さんが偶然あつまり、話す話題は体の事ばかりで、

私のガン検査の話とあとは、親の話になりました。

両親揃って元気に暮らしているうちは、安心だが、母親が亡くなってしまっている人もいて

父親の食事の事を心配している人もいました。

そしたら、現在一人暮らししているお客さんもいて、毎日の食事の栄養バランスが気になるなら食事宅配を利用すると良いよ。

そこで、私も自分の食事を作るのがとても嫌で、出来るなら作りたくない。

どんなサービスなのか調べてみたんです。

一人暮らしの食事の宅配!利用者の声とおすすめサービス をみると、栄養管理士が献立を考えて冷凍で届けられるのでいつでもレンジでチンして食べられるのです。

これって、便利ですよね。

これからは一人暮らしになる人が増えるので、スーパーなどもそれに適応した食品づくりしていかないとですよね。

しかし、私たちも、あっと言う間にそんな年齢になったのだと実感しました。

お酒を飲み過ぎて記憶がないのは認知症の疑似体験

お酒を飲み過ぎて、翌朝記憶がないことが多くなった近年。

この状態は、認知症になったときと似た仕組みなんだそうです。

認知症は、脳にある海馬の機能が低下してなってしまう病気で

お酒をのアルコールも海馬の働きを麻痺させてしまっているそうです。

ですので、翌朝起きて前日のお酒の席でのことが思い出せないのは認知症の疑似体験ともいえるのだとか。

さて、その認知症ですが、ならないようにするには新しいことを始めるといいそうです!

新しい事を始めると、今まで使っていない神経細胞が活性化するのだとか。

例えば、カラオケが認知症予防に良いのは良く言われていますが、振りつけをしてみたり、これまでは違うことをするとさらにいいそうです。

その他にも、新聞などは声を出して読んだりして、その後ノートに書きとめる。

また、5分ゆっくり歩いて、次の5分は早歩きするインターバル速歩をすると良いそうです。

認知症の疑いのある初期の症状では

段取りを考えて実行する機能が低下するので、家の片づけなど整理整頓ができなくなくなったり

調味料を入れるのを忘れたり、また入れたこと自体を忘れてしまい味がかわったり

連続ドラマを見なくる。これはストーリーが記憶できずに内容が分からないので見なくなる

行動力や意欲が低下するので、おしゃれしたり、外出するのが億劫になる

また、空間認知能力が低下するので車の車庫入れが苦手になってしまうなどの症状が現われるそうです。

兼高かおるさん死去

旅行ジャーナリストで日本旅行作家協会名誉会長である兼高かおるさんが心不全のため亡くなってしまいました。90歳だったそうです。

TBS系列で1959年から1990年まで放送していた「兼高かおるの世界の旅」と言う番組は、まだ日本では海外旅行が一般的ではない時代に放送していたテレビ番組。

幼いわたしも含めて家族全員が毎週テレビの前に座り、世界各国の風景や生活を見ることはとても新鮮で魅せられました。

いつか、私の海外にいくこともあるのかな・・・、その当時は海外旅行は高価で、今のように当たり前のように海外に旅行が出来るなんて想像もつきませんでした。

兼高さんは、31年間で約150か国を訪れたそうで、距離にすると地球を180周もしたことになるんだそうです。すごいですね。

1971年には日本での一般女性で初めて南極点に到達した事はニュースになりました。

兼高さんは生前「日本だけにいたんではつまらないでしょう。人はいろいろ見た方が良い。外国を知って日本を知る。日本を知って外国を知る。そういう両方を知っていくのが国際化なんです。」と話していました。

この番組の登場から、日本でも海外旅行に出かける人が増えてのではないでしょうか。

兼高かおるさんは、結婚することがわからないと言っており、生涯独身を貫いたそうです。ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

食宅便の弁当って意外と美味しいと評判になっています。

酒場にはいろんな人が来るけど・・・年寄りは健康の話が多いんですよ。

お酒はガンガン飲むのに、みんな高血圧や糖尿病を患っていて食事には気をつけているそうです。

特に油っぽいものや塩分が濃いものは控えているそうです。

お酒は普通に飲んでいるのですが大丈夫なんでしょうか?

そうそう、そんな話の中でよく出てくる話題が食宅便のお弁当です。

テレビのCMで見かけるので、みんな知ってはいるんですけど

実際に食べた人がいて絶賛しています。

その人は、奥さんをなくして一人暮らしなんですが、一時体調を崩して入院していました。

糖尿病で凄い肥満だったのに入院生活で痩せたので、きっとガンかもね?と心配していました。

ところが最近、ちょくちょく飲みに来るので体調を聞くと凄く良くなったというのです。

食生活を改善してるので体調が良いから、たまに飲みたくなるそうです。

でも糖尿病で死にそうになっているので、食事だけは徹底しているそうです。

朝から夜まで食宅便を食べているといいます。

その理由を聞くと食事制限をしなければならないというものです。

そして、もう一つの理由が美味しいからだそうです。

病院で食べた食事制限の食事は本当に不味かったそうです。

同じ食事制限の食事でも食宅便の美味しさは天と地ほどの差があるそうです。

「林先生が驚く初耳学」で紹介された『年収1億円になる人の習慣』

最近、本屋さんで多く並んでいるのが、年収1億円になるには?と書かれた本なんだそうです。

本を読んだだけで1億円稼げるわけないだろう!と思うのは私だけではないはず。

ですが、林先生が読んで、誰もが出来て納得できる本を見つけたそうです。

それが、『年収1億円になる人の習慣』という本です。、

それを読んだ林先生が、私たちに勧めるのが「年収1億円稼ぎたかったら早起きをしろ!」です。

この考えは、全国で約230店舗を展開している美容室【EARTH】の代表取締役 國分利治氏の考えで、

林先生の解説によると、この言葉のポイントとなるのは、どんな簡単なことでもいいから、何か自分で一番になれる場所を見つけて、そこで確実に1番を獲る事が大切なんだ。と言う事なんだそうです。

早く出社することは、経験とか学歴は関係なく、本人の努力だけで出来る事。

この本には「2時間前出社」と書かれてあるそうです。

早く出社すると、時間をつぶすのでは無く、目的意識が明確になるそうです。そして、早く出社すると優越感が自信につながるとも書かれているそうです。

ここで、林先生のお父さんの話をしてくれました。「僕の父親が生涯を通じて始発で会社に行く人間だった。」お父さんは宝酒造の副社長まで行った方なんだそうです。

その他にも、その本には、

  • 会社まで30分以内で通勤できる場所に住む
  • 毎日体重計に乗るだけで年収が上がりはじめる。
  • 最後に負けておくことができる人が年収1億円になる

などの習慣が書かれているそうで、

林先生いわく、成功者のやっていることには普遍性がある。みな同じことをしている、だったら、できる事からやってみる生き方をかえることが、結果的に収入が上がることに繋がるのではないか。と言っていました。

いかがですが、まずは、これなら出来るというものを見つけてみましょう。

最近の離婚事情とは?

結婚は紙切れ一枚で成立。だから離婚も紙切れ一枚で処理されてしまう。心情は別にして・・・。

しかし、離婚には結婚の何倍ものパワーが必要になると経験者は言います。

職場などの世間体もストレスになる事も少なくない。

さらに、離婚の話し合いから手続きまで全てがきまるまで、心身ともに疲れ果ててしまうという方が多いのも現実です。

ですが、ここ20年あまり日本は離婚数は増え続け、近年では熟年離婚されるご夫婦も増えています。

離婚率では、夫婦3組に1組は離婚時代

その背景には、長引く不況で失業率の上昇が原因のひとつだと言われてきましたが、近年は、価値観の違いで離婚している夫婦も増えてきているようです。

結婚生活には、愛情が一番大切だと言う方もいますが、現実は、愛情を育てるのはとても難しい。

私たちも30年間夫婦をしているが、旦那いわく「お金がないから離婚できない。」と言っている。

この言葉を聞いて、そもそも夫婦関係に愛情なんて存在しているのだろうか?

こんな事を言う夫も夫だが、言われている私も言わせているのです。

結婚は、相性もありますし、付き合っている時は相性が良いように感じて結婚をするので仕方ありません。

このように、我が家のような、お金がない事で継続されている夫婦も多いのではないだろうか。

夢が無いと言われれば、その通り結婚生活はは現実なんです。戦いです。

厚生労働省によると、2011年(平成23年)の離婚は235719件、2012年237000件。

人口千人当たり離婚率1.88。離婚率は地域によっても違いますが、厚生労働省人口動態調査結果を見ると1,000人当たりの離婚件数で最も離婚率が高かった順に発表すると、

第1位が沖縄県の2.56%、第2位が大阪府の2.23%、第3位が北海道の2.17%という結果に。

逆に、離婚率の最も低い県は、富山(1.45)、新潟(1.46)、福井、鳥取、石川、山形など、日本海側にかけてで離婚率が低くなっています。

しかし、驚いたのは離婚率が高い沖縄は、婚姻率も沖縄は第2位なのです。

結婚するカップルも多く、離婚されるご夫婦も多い県なのです。

その理由のひとつとして挙げられるのが、沖縄の南国の県民性で離婚に対して周囲の理解があるとい点や平均賃金が沖縄の場合低く、女性が経済的に自立していることが考えられるそうですが、離婚に対して理解がある県民性はちょっとうらやましい気がします。

焼き鳥店鳥貴族が10月から値上げ!

大阪、東京、名古屋を中心にリーズナブルな価格で焼き鳥が食べれる居酒屋として急激に成長し全国展開を広げている【鳥貴族】。

女子会や友人・会社の同僚と利用した方も多いかと思います。

美味しい焼き鳥を含め、そのほかのお酒のおつまみノメニュー、さらにお酒も全品280円均一と庶民の味方の価格が人気です。

ところが、今年の10月1日から全メニューを値上げする事を発表しました。

値上げの理由は人件費が上昇している事や、仕入れ野菜や魚などの価格の高騰、さらには酒税法改正の影響などが関係しているようです。

値上がりの価格は
フードとドリンクは280円(税別)⇒ 298円
2時間の飲み放題・食べ放題は2800円⇒ 2980円
 
ついにこの時が来てしまったと残念に思う人も多いかと思いますが、これまでリーズナブルな価格設定で頑張ってきたくれたので、このくらいの値上げは、仕方がないかな・・・と、理解してくれるお客さんも多いのではないでしょうか。

ただし、接客などサービスもドンドン向上して高くなってほしいですね。

ブルゾンちえみが24時間テレビマラソンランナーに選ばれた理由

何となくブルゾンちえみが、24時間テレビマラソンランナーに

選ばれるんじゃないかと予想はしていました。

理由としては、今回は、練習期間が短いので元々体力があり、

ある程度走れるだけのポテンシャルを持った人ではないと、

100キロ近い距離は走りきれないと思っていたからです。

ブルゾンちえみが選ばれた今年の24時間テレビマラソンランナーは、

番組当日に発表されることになっていましたが、

これは、指導する坂本トレーナーの意向があったみたいです。

どうやら70歳になる坂本トレーナーにとって、

体力的に伴走できるのは今年が最後だと考えていたとか。

そう言えば、ここ数年坂本トレーナーは伴走していませんでしたからね。

最後になるかもしれないから、最後は変わった形でやりたかったそうで、

ランナー候補の練習に付き添って全員の能力を確かめた上で、

最終的に当日発表することになったみたいです。

ブルゾンちえみは、高校・大学の時に陸上部の長距離選手で、

毎日マラソン選手並の練習をしていたと聞いたことがあります。

確かハーフマラソンも完走したことがるみたいですね。

練習に付き添った坂本トレーナーも大絶賛しており、

マラソンを走りきれるポテンシャルはもちろん、

メンタル面も相当な強さを持っているとおっしゃっていました。

つまり、ブルゾンちえみには、元々24時間テレビマラソンランナーに

選ばれても何の不安もないぐらいの走力と体力があったと言えます。

ただ、学生時代からしばらく長距離は走っていないだろうし、

体重も学生時代よりかなり増えていると思われます。

いくら経験があるとは言え、どうなんだろうと心配でしたが、

いざ走ってみると素晴らしい走りを続けています。

ブルゾンちえみの何がスゴイかって、

ほとんど歩くことなく走り続けているところです。

過去の24時間テレビマラソンランナーを振り返ってみると、

途中で歩いていることが結構あるんですよね。

その点、ブルゾンちえみはほとんど走っているので、

そんなに放送時間を気にすることなく走れていると思います。

やっぱり学生時代に培った長距離のポテンシャルは伊達じゃないですね。

ブルゾンちえみは、24時間テレビマラソンランナーに、

選ばれるべくして選ばれたと言っても過言ではないでしょう。